toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-07-01

志戸呂茶入「夕顔」

直径6.5×高さ7.3cm

志戸呂焼は静岡県棒原郡金谷町志戸呂にある古窯で、素朴な釉薬と土味があるやきものは今でも静岡の伝統工芸品に指定されています。桃山時代に美濃の陶工がきて徳川家康の扶持を受けたと伝えられ、江戸時代初期の寛永年間に、小堀遠州指導の下、遠州好みの茶入、茶碗、水指など茶陶を一時的に焼成したと考えられています。
この茶入は、志戸呂特有の渇釉と濁黄色が流れるように交わった、変化に富んだ侘びた景色をしています。肩の下あたりを一筋絞った丸い肩衝の形をしており、その形状を瓢箪に見て「夕顔」の銘が付けられています。胴には三段の轆轤目が付けられ、胴下は胎土が見え、他の茶入にはあまり見られない表情となっています。挽家の文字は小堀遠州の四男、小堀十左衛門政貴の筆で、仕覆は2つ、雲文緞子と古渡毛織が添っています。