toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-06-04

七宝水指

直径15.6×高さ18.2cm

七宝焼(しっぽうやき)はガラス質の釉薬を高温で焼成し、金属の素地に定着させる金属工芸の一種です。かねの線で図案を象り、文様に応じて色の陶土を象嵌しており、金・銀・瑠璃など七宝玉と呼ばれる七種の宝に例えてこの名が付いたと言います。七宝の技法は中国明時代から清、そして幕末の日本に伝わって行き、茶の湯では主に建水や水指として用いられました。
捻文様が効いたデザインと構図が緻密で巧みな水指です。青、赤、白、黄、緑と色数も多く、唐草文、捻文、雲文などがどことなく稚拙な図柄で発色良く彩られています。共蓋だけでなく真塗の蓋の手まで目が行き届いており、贅沢かつ格調高い一品です。