toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-05-04

城端蒔絵鳳凰文棗

直径6.5×高さ7.2cm

「城端蒔絵」は富山県南砺市(旧城端町)で独自に発達した漆器です。天正年間に畑治五右衛門が長崎にて法隆寺や正倉院などに伝世する漆器の上絵技法「密陀絵」(みつだえ)を研究し、漆では発色不可能であった白や鮮やかな色調を出すことに成功、その技法を塗師佐々木徳左衛門に伝受したことにはじまると言われています。
この棗の甲にはデフォルメされたややカジュアルな雰囲気の鳳凰が描かれます。発色のいい朱・緑・金・黒色の色漆4色でかき分けされ、全体には桜と紅葉のいわゆる雲錦模様が描かれ、合口はグレーの縄文が細く周ってアクセントとなっています。