toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-04-05

堆朱蟹香合


直径7.9×高さ3.1cm


堆朱は朱・黒・黄などの色漆を幾層にも塗り重ねたものに文様を彫りこむ「彫漆」と呼ばれる技法を代表するものです。中国では「剔紅(てっこう)」と称され、黒と朱漆を交互に塗り重ねた同じ技法のものは日本の「堆黒」としてよく知られています。小振りなサイズのものは茶の湯にも積極的に取り入れられ、唐物香合の代表格の1つとして堆朱香合は重宝されています。
岩上にいる蟹と水辺の花が、余白を活かしながら彫り出されており、力強い彫りの中に見える鮮やかな赤い漆の層が精緻です。側面にはキリリとした雷紋雷紋が巡り、全体をシャープに引き締めています。風炉の香合として格調高い贅沢な一品です。