toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-04-05

瀬戸大覚寺手茶入「祥雲」

直径6.8×高さ6.7cm

瀬戸茶入には、古瀬戸、春慶、真中古、金華山、破風窯、後窯という窯分けがあります。この茶入は瀬戸の二代加藤藤四郎基通の作である「真中古(まちゅうこ)」であり、手分けでは「大覚寺(だいかくじ)手」に分類されます。
丸みを帯びながらもしっかりと肩の張った肩衝形の茶入です。全体には柿金気釉、そこに黒飴と黄釉が自然になだれ合った景色は、その名の通り”祥雲”のように見えてきます。裾から畳付きにかけては土見せ、底は轆轤目が端正で、堂々とした姿の中に繊細さがあり、魅力的な一品です。
内箱蓋表は安土桃山〜江戸時代初期の京都の豪商、茶屋四郎二郎こと茶屋宗古が「瀬戸 小肩衝」と墨書きをしたとされ、遠州流12世小堀宗慶による外箱が添っています。二重蔓小牡丹宝尽し金襴と時代の間道の仕覆が添っています。