toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-03-06

絵唐津鉢

幅16.6×奥行16.4×高さ6.4cm

唐津焼は桃山時代、佐賀県西部および長崎県北部にて開窯されて以降、茶碗、花入、向付、壺など朝鮮的な素朴さをもった優品が多く作られました。鉄絵による絵付けがされた「絵唐津」を筆頭に、古作の無地茶碗「奥高麗」、白濁した藁灰釉に斑文がみられる「斑唐津」、藁灰釉と黒飴釉を掛け分けた「朝鮮唐津」など多様な作風があり、侘び茶の茶陶として珍重されました。
縁をやや端反りに、やや洲浜風にした向付です。青みを帯びた灰色に焼き上がり、見込みには草、口周りに芒と檜垣のような文様が鉄絵でのびやかに描かれます。高台はくっきりと小振りに削り出され、赤い土はよく締まって鮮やかです。作為的でありながら嫌味がなく、瑞々しい雰囲気がうれしい佳品です。