toggle

ショーケース

ショーケース

#
2024-03-06

祥瑞松竹梅向付

直径11.6×高さ6.2cm

祥瑞は中国の明時代末期、景徳鎮窯にて日本からの注文により作られた染付磁器を指します。同時代に作られた古染付に比べてコバルトの藍色が鮮やかで、精製された細かな白磁に緻密な絵付けが施され、普遍的な美しさを持っています。茶碗、水指、香合などの茶道具をはじめ懐石具などの向付や鉢など、いずれも茶人好みの優品が作られました。 

菊花型に形作られたこの向付は六面の窓に仕切られ、それぞれに松竹梅、鶴、舟人物、七宝文、紗綾文などがさらりとした筆致で描かれています。見込みには菊文と、吉兆や長寿のシンボルである図柄が多く、5客揃いでおめでたい席に使うのにぴったりの一品です。