toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-08-06

宋胡録徳利

直径9.8cm
高さ12.1cm

 
 
宋胡録(すんころく)とは主に鉄絵の施されたタイのやきもので、この手の作品が焼成された地名”スワンカローク”が日本で変化した名前です。江戸時代より日本に持ち込まれ、茶人に珍重され香合などの蓋物が多く知られています。
本品のように徳利の形をしているのは珍しく、細長く窄まった頸部にぽってりした球形の体が手に馴染みます。灰青磁釉にうまく馴染んだ鉄絵は、自由な筆致の刻線文と草花文を交互に廻らせており、懐石の器と組み合わせると洒脱な雰囲気のする、手元に置いておきたくなる一品です。

 

宋胡録 宋胡録

宋胡録
 宋胡録