toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-07-05

古銅管耳花入

Φ12.3cm
高さ27.1cm

 
 
古銅花入は青磁等と同様に、真の花入として格調高く用いられます。鎌倉時代より禅宗寺院などの什器として重用され、室町時代になると花入の主流となったようです。首が長く細口のもの、獣状の耳が付いたもの、姿の優美なもの、古銅独特の地文が特徴的なもの等多様な種類が存在します。この花入はたっぷりと胴の張った下蕪形で、頸部左右に管状の耳が設けられた整った佇まいをしています。胴の周辺には獣を思わせる饕餮文様が鋳出され、高台側面、胴、長い頸には帯状の地紋が入ります。古銅らしい姿の良さは気品があり、安定感と存在感のある優品です。

 

古銅管耳花入 古銅管耳花入

古銅管耳花入 古銅管耳花入