toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-07-05

木地茶器一双

Φ6.4cm 高さ6.4cm
 
 
茶器は武野紹鴎・千利休以降、各時代の茶人の好みにより様々なかたちや塗り、蒔絵のものが作られてきました。これは小堀遠州の好みの茶器として最も有名な形で、右は紫檀に、左は桑を挽いた一双のものです。シンプルな形のため素材のもつ美しさが際立ち、それぞれ甲につけられた糸目や金銀高蒔絵の粒菊を散らした蒔絵がアクセントとなっています。堅木のため重厚感もあり、小間でも広間でも使える佳品です。外箱には遠州流8世小堀宗中の箱書があります。

 

木地茶器一双 木地茶器一双

木地茶器一双
 木地茶器一双

木地茶器一双