toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-06-03

織部火入

幅7.5cm  高さ12cm 奥行6.3cm

織部焼は桃山時代末期の17世紀初頭に美濃地方において、茶碗や水指、香合などの茶道具から食器類の優品を多く制作したことで知られています。大胆な造形と自由奔放で遊び心のある文様は、一つひとつ表情が異なり千変万化です。

元々向付として作られた本品は、ぽってりと曲線美のある大ぶりな足が印象的です。器体から少しずつ広がりながら二段になって成形され、モダンなデザイン感覚が感じられます。白土と赤土を継ぎ合わせて作られており、二色の土と緑釉と鉄絵それぞれの発色と対比が完成度の高い火入です。

 

織部火入
 織部火入

織部火入
 織部火入