toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-06-03

青磁手付茶器

幅5.5cm
高さ8.5cm(取手なし 4.3cm)
奥行6.3cm

青磁は鉄を呈色剤に用いた還元焼成により、「青磁釉」と呼ばれる爽やかな淡青緑色をしています。中国を主とした東アジアで焼造され、茶の湯の世界では南宋時代の砧青磁をはじめ、天龍寺、七官など時代や作行きを少しずつ変えながら、格の高い焼物として重宝されてきました。
おそらく日本からの注文により焼成された本品は、すっきりと立ち上がった四方の形に縄手に捻った手が付き、金具のような5つの点が表現されています。漆を拭いた桑の蓋が添い、小ぶりな茶器として使用されたのでしょう。
尾張藩の御用商人であった関戸家伝来の一品です。

青磁手付茶器
 青磁手付茶器

青磁手付茶器 青磁手付茶器