toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2022-07-01

7月の茶花

▼花

木槿(むくげ)
虎杖(いたどり)

▼花入

青磁尊式

 
 

夏は「木槿」、冬は「椿」と言われるように、古来より「木槿」は風炉の茶花の代表格です。アオイ科の落葉低木で、暁に開いて夕暮れにしぼむ清々しさと儚さを持ちます。「虎杖」はタデ科の多年草で、「疼取」とも言われるように、痛みを取る薬効があることが名前の由来となっています。

底紅の大ぶりな「木槿」が引き立つよう「虎杖」を丈高に添い、格調高い青磁の花入に入れて夏の茶席を涼やかに表現しました。