toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2022-02-02

2月の茶花

 


白八朔(はっさく)
白文字(しろもじ)

花入
古銅柑子口

 

「白八朔」は、一重中輪に椀咲き、葉は細長く花は小ぶりでやや青みを帯びた白色をしています。花つきもよく、古くからよく知られた品種です。「白文字」はクスノキ科の落葉低木で、花は葉に先立って黄色い小花を咲かせます。「アカヂシャ」とも呼ばれ、花の終わった後には三裂した葉が伸び、種子からはシロモジ油が採れることで知られています。

格調高い古銅の花入に合い、春到来を祈る静雅な空気感が漂います。