toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-01-12

古銅耳付花入

幅13.8cm 奥行9.2cm 高さ30.8cm

古銅の花入は茶の湯において青磁、染付等と同様、真の花入と位置付けられ、掛物の格に合わせて格調高く用いられます。

この花入は丸く張った胴から首が長細くまっすぐ伸び、曲線の抑揚を楽しめる端正な形をしています。腰にはすらりと華奢な耳が対称に付き、その上部にはユーモラスな表情をした一本角の鬼の顔が形作られ、本品の見どころの一つとなっています。何処となくシルクロードの雰囲気を感じられるフォルムと古銅らしい特徴的な地文が楽しめる、印象的な花入です。