toggle

ショーケース

ショーケース

#
2022-01-12

呉須赤絵大皿

直径 38.2cm 高さ9cm

 

呉須赤絵は明時代後期の16世紀末~17世紀前半にかけて、福建省漳州窯で主に輸出用に作られました。白釉の上に赤と緑、澄んだブルーの丹礬釉が組み合わされ、茶の湯の世界では大皿、香合、徳利など様々なうつわが取り入れられてきました。

全体的に雅味のあるのびやかな筆致で、見込には蓮池で鳥が戯れる姿が自由闊達に描かれています。赤、白、青色の発色がそれぞれ美しく、大皿として使用感が少ないのも嬉しいですね。

大阪の豪商・広岡家伝来の一品です。