toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-12-03

祥瑞針木向付 5客

直径11.2~11.6cm×高さ6.3cm

祥瑞とは中国の明時代末期に、日本からの注文により 景徳鎮窯で制作された染付磁器のことです。茶碗、水指、香合などの茶道具をはじめ会席具などの向付、鉢など希少な優品が残っています。

本品は八角に面取り、口縁部は針木状に成形され、呉須の青と白磁の白が鮮やかに相対しています。七宝や鶴、桃などいずれも縁起のいい図柄が各面に描かれており、華やかさと格式の高さを感じさせる佳品です。