toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-10-08

黄伊羅保茶碗「小鷹」

径13.2cm×高さ7.3cm

伊羅保茶碗は江戸時代初期に日本からの注文を受けて焼かれた高麗茶碗の一種です。肌触りがザラザラ、イライラとするところから伊羅保と名付けられました。
黄釉の掛かった”黄伊羅保”にしては焦げがかった色調で渋く、小ぶりで締まった薄茶向の茶碗です。見込みには有機的な斑点があり、お茶の映える秀れた景をなしています。高台際の削り込みが優しく、品よく心地よく手に収まります。
凛々しい雰囲気と小ぶりな寸法から「小鷹」と銘が付いています。