toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-09-13

織部火入

 
 

径8.7cm 高さ8.3cm

織部焼は桃山時代から江戸初期にわたって、茶人古田織部が自らの好みを美濃地方の陶工に焼かせたやきものと言われ、造形においても絵付においても自由自在な創意と意欲とが合わさり、その刺激的な変化美が美しさにつながっています。
口広で輪花型に薄作りされた火入は、元々は向付として作られました。銅緑釉に鉄絵で間道紋と石畳紋風の文様が描かれ、織部焼らしい軽快さと柔らかさが味わえます。秋の気配を感じる待合に、温かみを添えてくれることでしょう。