toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-08-06

古清水笈形香炉

 

23.8×13.5cm 高18.6 cm

古清水は江戸時代中期以前に京都東山山麓で作られたやきもの一般と総称されています。卵色の素地や朽葉色の釉薬の上に、青と緑の二色を主調に金彩、文様、四季の草花などの上絵を組み合わせた、落ち着いた色調が特徴です。
この香炉は山伏や修行僧が背負い歩く箱の形を模し、上には経典を入れる菊桐模様の櫃が置かれます。古清水には珍しく赤が効いた鳳凰の図や、金属風の環、竹を模した三本の足、そして巧みな亀甲透かしなどが施され、煌びやかで格調高い、存在感のある逸品です。