toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-06-09

呉須赤絵大鉢 水指ニモ

口径25.8 高12.8 cm

呉須赤絵は明末から清初にかけて福建省で焼かれた民窯の赤絵磁器で古染付と同様に日本からの注文によって焼成されたといわれています。白濁釉の上に赤と緑を用いた絵付けと澄んだブルーの丹礬釉が見られます。金彩を用いた花鳥図が三方に描かれ、その間に「冨」「貴」「春」の文字と赤玉が表されています。見込には魚の悠々と泳ぎまわる姿と水草の模様がバランスよく、中央には丸まった獅子が描かれるなど泰平の世を満喫している穏やかな様子が伝わってきます。呉須赤絵の中でも上手に分類され、大振りな強肴鉢や長板に載せる水指として存在感を発揮してくれます。たっぷりとした器の中に水を張ると清々しさこの上ない贅沢な一品です。七宝摘みの付いた真塗蓋も嬉しく、反射して七宝文様が浮かび上がるのも素敵ですね。