toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-04-13

古九谷小皿

 

橘図四方 径13.0×11.4 高2.4 cm
菊図 径13.4×19.8 高2.4 cm
舟図木瓜形 径17.9×11.8 高3.0 cm

古九谷は江戸時代初期に現在の石川県加賀市山中温泉付近(旧加賀国江沼郡九谷村)において焼造されたといわれており、大皿をはじめ、中皿、小皿などの皿類から徳利や猪口などの会席具をはじめ水指、香炉などの茶道具まで作られました。五彩を用いる「色絵」や「青手」、「祥瑞手」に大別されます。小皿は食器としてまとめて焼成され、造形や絵付けに関して多岐に渡り現在では1枚ずつに分けられて鑑賞されています。長四方の橘図には波、雲、木瓜文が菊図には宝珠や菊唐草の絵が描かれるなど白磁のキャンパスの周囲には様々な色合いの小紋を使って品良く額装されています。木瓜形には楼閣や鳥、舟などのどかな様子が描かれ少し傾いた構図も見るものを楽しませてくれます。深みのある色合いはもちろん、一つひとつに個性があり自然の景色と幾何学模様を組み合わせた無限の可能性が古九谷の魅力ともいえます。