toggle

ショーケース

ショーケース

#
2021-03-09

井戸脇茶碗「釣舟」

 

 

口径16.0 高7.1 cm

井戸脇茶碗とは高麗茶碗の一種で、井戸茶碗に作ゆきが近いところから井戸の脇の茶碗、井戸脇茶碗と呼ばれるようになったと云われています。この茶碗もほんのりと赤味ががった淡い枇杷色の釉薬が高台内にまですっぽりと全体に掛けられ、そのサラリとした肌合いにはキメ細やかな貫入を見ることが出来ます。胴や見込みにはうっすらと轆轤目がはしり、カッチリと高めに削り出された高台は竹の節をなし、その高台内には兜巾がしっかり立っているなど、随所に高麗茶碗の王様である井戸茶碗を彷彿とさせる見処を備えています。まさに井戸のように大きくタップリとした見込みとその高台には黒々とした砂目跡が4つ残り、高台脇の腰の削り跡から顔を出す縮緬皺がまた侘びた趣を演出してくれています。まさに堂々としたその風格は本家の井戸茶碗に負けない威厳を感じますね。是非とも濃茶を練りたい一碗です。