toggle

ショーケース

ショーケース

#
2020-04-28

瀬戸唐津茶碗

 

口径14.9 高6.6 cm

瀬戸唐津は、長石釉を掛けた唐津茶碗で美濃焼(志野)の釉薬を以て焼成されました。桃山-江戸時代初期には美濃地方を含め瀬戸焼と呼ばれており今でも呼称として使われます。ザングリとした土味に箆削りによって高台には縮緬皺、また脇にはカイラギが表れ井戸茶碗のような見どころを持っています。胴には斜めにヘラが二本入り、波のような躍動感のある景色をしています。見込には目跡が9つ見られるなど、もともと茶碗として使うために制作されたことが分かっています。無地の釉薬が落ち着いた味わいを見せ、どっしりとしたところから濃茶碗として使用できます。白釉がより御茶の色合いを引き立て、涼やかな和物茶碗としてさらりと用いたいものです。