toggle

ショーケース

ショーケース

#
2020-04-28

青磁不遊環花入

 

胴径12.6 高24.8 cm

青磁は鉄を呈色剤に用いて還元焼成を行い、青磁釉と呼ばれる爽やかな色合いをしています。茶の湯では南宋時代の砧青磁をはじめ、天龍寺、七官など時代や作行きを少しずつ変えながら日本にもたらされました。真の花入として古銅と並び格の高い位置付けをされ、その優雅で整った姿は古来より茶人達を魅了してきました。古代青銅器を模した花入に龍(辰)耳が付けられ、耳環が動かないことから不遊環と称されます。天龍寺青磁に分類され、濃いオリーブグリーンが鮮やかで釉薬が分厚くかかり、地紋があるものに比べて美しい姿がそのまま表れます。中国磁器のシンメトリーな形をしていながら、どこか素朴な色合いを呈してるのが茶の湯に喜ばれた由縁でもあります。落ち着いた姿の青磁花入は墨跡や古画また一行物などとの相性がよく床の間が引き締まる押えておきたい佳品です。