toggle

ショーケース

ショーケース

#
2020-04-28

粉引小服茶碗

 

口径10.5 高4.3 cm

粉引茶碗は朝鮮半島で焼成された粉青沙器の一種で、あたかも白い粉を吹きかけたような肌合いから粉引や粉吹と呼ばれています。この茶碗も鉄分を多く含んだ黒い胎土に白泥をドブ掛けし、さらに透明釉をかけて焼造されています。浅めながらも素直な腕なりで、柔らかな肌合いに現れた無数の釉の気泡から水が浸み込んでできた雨漏り状の混濁した染みが、細やかな貫入と相まってなんともいえない雅趣に富んだ味わいをみせています。完成されたその器胎にあって金継ぎがまたいいアクセントをなし、カチッと削り出された高台には目跡が5つ残っています。手のひらサイズでありながらも愛玩すればするほどちゃんとそれに応えて味わいを増してくれる、まだまだ伸びしろのあるなんとも育てがいのあるお茶碗ですね。茶箱に組んでも良し、酒呑として使ってみてもよりお酒を美味しくしてくれる事でしょう。