toggle

ショーケース

ショーケース

#
2020-03-04

絵御本茶碗

 

口径11.9 高8.0 cm

江戸時代前期に日本からお手本となる切形を送り釜山の倭館の窯で焼かせた茶碗を御本茶碗と呼んでいますが、その御本茶碗が幕末頃にわずかな間だけ復活します。この茶碗は前面に大胆に綴じ目を施し、腰にはぐるりと飛び鉋目を巡らせています。柔らかな土味をもち、薄く縁取られた高台は焼成時に出来た窯割れによって無作為による切高台をなしています。見込みは作為的なのか偶然なのか、釉の絶妙な掛け具合により出来た釉の厚いところや薄いところや火間が、まるで水墨画のような迫力のある美しい景色を創り出しています。さらにほっこりするような可愛らしい蕨の絵を前後に描くなど、古来の御本茶碗を踏襲し、これでもかというくらいの新しいアイデアが詰め込まれた見所のデパートのような一品ですね。