toggle

ショーケース

ショーケース

#
2020-02-01

古銅三笑蓋置

 

径4.3 高5.1 cm

三人の賢人が時を忘れて談笑している様はいかにも虎渓三笑の故事を見ているようです。中国浄土教の慧遠法師が来客を見送る際も虎渓という谷川の手前で足を止め渡らなかったのに、訪ねてきた詩人の陶潜と道士の陸修静を見送るときに話に夢中で虎渓を越えてしまい虎の鳴き声で渡った事に気づき三人で大笑いしたという故事からきています。儒教・仏教・道教におけるトップ会談もこのような楽しいひと時であればどんなに和やかなことでしょうか。巻物を広げ、芭蕉扇を持ち、杖を持った老人がにこやかに歩いて来られれば思わずこちらもニヤッとしてしまいそうですね。いい大人になってもあることに夢中になり、他の事や自分たちのいる場所も忘れてしまうほどのめり込める楽しみもいいものです。内箱には藪内八代竹猗紹智の書付があります。