toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-10-04

志野宝珠香合

径4.8 高3.7 cm

志野は鉄絵を用いて絵付けをした上に長石釉をかけた焼物で、桃山時代に美濃で焼成されました。茶碗や水指をはじめ香合や花入などに優品が見られ、大鉢や向付などの会席具を多数焼成したことでも知られています。蓋の頂上から鉄絵を用いて区分けされ、前方には草花文様が描かれます。整った姿の宝珠形は可愛らしく、全体は緋色に発色し素朴で温かみを感じさせます。頂部には志野釉が厚くかかり、摘みのような形になっているのがチャームポイントです。小振りな姿は、手のひらに収まりが良く炭手前の際に、さりげなく持ち出されると目を引くこと間違いありませんね。焼物としての状態が良く、手に取るのがウキウキと楽しみになるそんな優品です。