toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-09-03

七宝蓋置

径5.8 高5.1 cm

七宝焼は金属工芸の一種で、金属を素地にして高温で焼成し釉薬をガラス質に変化させる焼物です。その色とりどりの美しさから、金銀などの七宝玉と呼ばれる七種の宝に例えて呼ばれる様になりました。茶の湯の世界では中国より日本に伝わり、水指や盆、蓋置建水などに取り入れられています。神事や寺院で用いられる三宝(方)の形をしており、上部には雲文、脚には青海波文が黄・白・青の色合いで表されます。三宝の姿をした七宝は十宝の徳があるようにに感じられ面白いですね。蓋置は取り合せの後回しになりがちですが、建水との相性はもちろん飾ったときに華やかさがあるのも嬉しいですね。