toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-08-03

色絵薩摩平茶器

胴径8.0 高3.8 cm

色絵薩摩は、江戸時代の中期以後に薩摩藩(現在の鹿児島県)にて焼成された色絵陶器で、江戸初期より続く薩摩焼とは雰囲気を別物にして献上品を主として制作されました。本品は仁清陶を倣って、金彩、赤、青の釉薬により幾何学文や花文様を表しています。口縁は赤絵の中に、点のような白抜きの丸紋が表され、可愛らしいモダンな図柄をしています。もともと食器用なのか茶入として作られたものかは判然としませんが、これだけ贅沢な牙蓋が付けられよほど大切にされたことが伝わってきます。薄茶器として棚に飾ってあるだけで目を引く気の利いた佳品です。