toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-08-03

黄伊羅保茶碗「通天」

口径13.9 高7.3 cm

黄伊羅保は江戸時代初期に日本からの注文により焼成された高麗茶碗の一種で「黄釉手」、「片身替手」、「釘彫手」等に分類されます。その粗い土を含んだざらざらとした肌触りを当時の茶人達が「イライラ」と表現したところからの名称です。薄く轆轤挽きされ、きりりと締まった姿が素直に立ち上るように深く成形されています。黄釉が全体になめらかに掛かり、外には指跡や焦げが現れるなど豊かな景色をしています。また正面にはガラス質の緑釉がかかり変化をあたえています。高台はしっかりと高く削りだされ、瀟洒な黄伊羅保茶碗の中に手強さが感じられます。見どころ多く高さのある故か、塗箱蓋表には「通天」の銘が金字形で付けられています。