toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-06-13

古銅耳付花入

胴径14.2 高27.2 cm

古銅花入は青磁、染付等と同様に、真の花入として掛物の格に合わせて格調高く用いられます。口部、頸、胴に地紋と呼ばれる文様が入り、静かな佇まいの中に凛とした空気を感じます。下膨の姿はどっしりとしていて安定感があり口づくりの厚みや曲線美など全体のバランスのよいところが特徴です。頸には饕餮耳が貼付けられ、全体の中でアクセントになっています。饕餮は中国神話の怪物で魔除けの意味を持っており、古代中国の青銅器などにも表されてきました。口には雷文がめぐり、頸、胴には饕餮地紋が入り、加飾が控えめで上品な一品です。