toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-06-13

高取管耳水指

胴径13.8 高17.0 cm

高取焼は、文禄・慶長の役の際に、藩主黒田長政の命により福岡藩に連れてこられた朝鮮陶工の八山(高取八蔵)が、鞍手郡の鷹取山西麓にて開窯したのが始まりとされています。輪花状の口づくりは鍔状に広がり、胴は筒状の中にロクロ目が段々に付けられ、全体を引き締めるとともに装飾的な役割を果たしています。前押しと呼べる遠州好の特徴を備え、飴釉と道化釉と呼ばれる釉薬を掛け分け、高取焼らしい作為的で優美な姿をしています。管耳は素朴な形をヘラ取りされ、上下が貫通する管状になっています。口づくりの形や筒状、耳付などどこか仁清の作風にも通じる、洗練された美意識を求めた結果のおもしろ味のある一品です。