toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-06-13

瀬戸唐津茶碗「浅茅」

口径15.8 高5.7 cm

瀬戸唐津は唐津の地において、瀬戸(美濃)茶碗の釉薬を以って焼かれました。唐津特有の土に白釉が厚くかかり酸化焼成することで枇杷色を呈した井戸茶碗のような焼上りになります。口の外側にはヘラが回り、その下には轆轤目が段状に表れ、カイラギと相まってゴツゴツとした印象をあたえます。高台脇にはヘラが巡り、内側は浅く削られザングリとした土が固く焼き締まっています。口の開いた御茶碗でありながら重厚感を感じさせ、夏の濃茶碗としてこの上なく贅沢な佳品です。小津家に伝来したもので、外箱には遠州流12世小堀宗慶により「浅茅」の銘が付けられています。