toggle

ショーケース

ショーケース

#
2019-03-05

古九谷松竹梅図四方香炉

 

径6.2 高6.2 cm

古九谷は江戸時代初期に現在の石川県加賀市山中温泉付近(旧加賀国江沼郡九谷村)において焼造されたといわれており、大皿をはじめ、中皿、小皿などの皿類から徳利や猪口などの会席具をはじめ水指、香炉などの茶道具まで作られました。本品のような白磁の上に赤・青・黄・緑・紫色の五彩を用いているものは「色絵」古九谷と呼ばれます。もともと猪口として5客や10客などの揃いとして焼成されました。中でも発色や焼き上がりの状態の良いものを一つ選び出し、香炉の蓋を付けたり、茶器などの茶道具として愛玩しました。四方形の器に松竹梅の図を表し、のびやかな松の枝は垂れ下がるようにみえ、梅は枝を横に伸ばし、竹も高さを感じさせる構図を取り、器に対する遊び心が伺えます。口の上部には唐草模様を巡らし、全体の姿を引き締めるとともに華やかさを演出しています。猪口に良し、香炉に良し、茶器に良しのお得な焼き上がりのよい佳品です。