toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-12-05

黄瀬戸六角盃

 

 

径6.6 高5.4 cm

黄瀬戸は桃山時代に美濃で焼かれ、「瀬戸より来たる黄色のやきもの」という意味から名付けられました。花入、香炉、香合などの茶道具から猪口・向付・鉢などの食器類の優品を焼いたことで知られています。本品は、猪口として使われていたものが、一つひとつ分けられて盃として用いられました。古くより「ぐい呑み」の筆頭とされ、やや大振りに作られた姿も堂々として存在感を与えます。肌は滑らかなガラス質の黄釉が掛かり、温かみに加え柔らかな印象を与えます。見込には釉薬がたまり、深い浅緑色を呈し、奥行きのある色合いがたまらないですね。お茶事の酒呑みとしてこのような盃に出会えることはこの上なく嬉しいものです。