toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-12-05

志野四方小鉢

 

 

径15.7 高7.2 cm

志野は鉄絵を用いて絵付けをした上から長石釉をかけた焼物で、桃山時代に美濃で焼かれました。茶碗、水指、花入、香合などの茶道具から大皿、向付などの会席具の名品を多数焼成しました。本品は丸みを帯びた椀形にロクロ成形され、そこから段差をつけて広がるように立上り、口縁に至って内に抱えこみます。四隅は整った形に先を尖らせ、全体の造形に緊張感のあるアクセントを加えています。見込には草文が見込の形に合わせるように描かれ、風になびいているようにも見えます。周囲の草花文は左右対称におおらかに描かれ、長石釉が分厚く掛かることで重厚感を感じさせます。このような小鉢に強肴などを盛り付けて鮮やかな色味を加えると、料理も一層引き立つこと間違いありませんね。