toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-12-05

色絵薩摩舟形香炉

 

 

径22.8×8.8 高14.1 cm

鳳凰の姿をした舟に悠々と揺られ、穏やかな水面を遊覧する様は何とも優雅な雰囲気を感じさせます。色絵薩摩の優品として精緻な造形や胴の浮文、鮮やかな毛並みにいたるまで風格のある姿を上手に表しています。鳳凰は繁栄の象徴であり、同様の舟は龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)とも呼ばれ、平安貴族が邸宅の庭の池に舟を浮かべ管弦の遊びを催すの用いられたのが始まりと云われています。殿上人のおられる銀製の屋形には御紋や御簾、欄干など細部にいたるまで丁寧に作られています。船の守り神ということから、航海の安全を祈る意味でも崇められ、縁起の良い船出を祝う一品です。