toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-11-07

瀬戸茶入「下折」

 

 

胴径6.3 高8.2 cm

口の捻り返しが強く、きりりと肩の張った姿が凛々しい姿をしています。肩から底にかけてはゆるやかにすぼまり高さがあるためかシャープな印象を与えます。底の部分を残して全体に釉薬が掛かり、胴には特有の斑模様が表れます。底部には糸切が見受けられ轆轤成形にて作られました。本品は金華山窯にて焼成された瀬戸茶入で、三代加藤藤四郎が活躍した時代にあたります。「生海鼠手」または「真如堂手」に分類されるであろう優品に見受けられ、風格を感じさせます。内箱の甲表には遠州の三男の小堀十左衛門政貴により「下折」の箱書があります。内箱蓋裏には「かるかやの身にしむ色はなかれども みて過かたき露のしたおれ」の和歌色紙が添っています。段毛織と朱座金襴・瓦燈龍金襴の片身替の仕覆が添っています。