toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-10-06

絵唐津鉢

 

径14.5 高7.8 cm

いわゆる唐津の鉢として一筆で描いたおおらかな絵付けが魅力的で、全体には抑揚が付けられ動きのある姿をしています。唐津焼は、佐賀県西部および長崎県北部に於いて桃山時代より焼造された茶陶を代表する窯場で、茶碗をはじめ水指、花入、大皿、壺、会席具などの優品を製作しました。胴部より一度内側へ締められ、内側へ抱えながら立上り、口造りは鉢らしく分厚く作られています。椀形に作られた形状は沓形を意識しており、丸みを帯びながら変化に富んでいます。自由奔放に描かれた絵付けは草文や竹文を描いているのでしょうか。いかにも絵唐津に相応しく、稚拙さとともにおおらかさを感じさせます。高台付近から腰にはヘラ目が付けられ全体に景色を付けるとともにシャープな印象を与えます。