toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-10-06

仁清 笹耳水指

 

口径12.0 高16.8 cm

ほっそりとした形の中に、底から口元にいたるまでなだらかな曲線を描き、口元で一度引き締めて段上にキリリとした口づくりとなります。その計算された造形美には仁清らしい洗練された美意識を感じさせます。野々村仁清(?-?)は江戸時代初期に活躍した京焼の祖を築いた職人で、金森宗和の好みの茶器を制作したことで知られており、また轆轤の名手とも云われ多数の名品を制作しました。胴の中央には数条の筋文が付けられ、景色に加え本品が引き締まった印象になります。両側の笹耳は端正でいて、正面から見るとふっくらと広がり、見事な調和をみせています。薄く作られた共蓋にも同様の笹の摘みが添っているのも嬉しいですね。固く焼き締まった底は土見せとなり、仁清の小判印が捺されています。