toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-09-05

金馬茶箱

径17.6×13.3 高11.2 cm

金馬は黒漆を塗った後に小刀で文様を彫り出し、その上から赤色などの色漆を埋め込んで研出し文様を表す技法で、タイやミャンマーなどの国で制作されました。日本には桃山~江戸時代を通じて茶箱をはじめ、香合や茶器、菓子盆などが茶席に取り入れられました。籃胎と呼ばれる竹を用いた素地で成形し、楕円状にふくらみをつけた形状はやわらかく、動きのある整った姿をしています。蓋や身には縁をつけ、洗練された形状に加え素朴でいてどこか親しみやすいのが特徴です。全体におなじみの獣文や鳥文様を所どころに表し、鋸歯や筋文様などで区割りをしています。金馬茶箱は利休所持のものが特に有名ですが、様々な茶箱皆具を寄せ集めて楽しみたいものですね。