toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-08-03

天啓赤絵火入

 

径10.8×10.2  高7.4 cm

天啓赤絵は、明時代末期の天啓年間に、中国の景徳鎮民窯で日本からの注文により焼成されました。古染付と同じ粗製白磁を用いて、碗や花入、また皿や鉢、徳利などの食器類が焼成されました。唐花が中心に3方描かれ、唐草模様が全体をめぐるように描かれのびやかな印象をあたえます。落ち着いた色あいの染付や赤絵、緑釉を用いたバランスの良さが本品の特徴です。図柄を埋め尽くすことの多い天啓赤絵にはかえって珍しく、白磁を自由に活用しています。輪郭線を用いない唐花はいきいきとして、大胆に描かれた雅味のある姿が気持ちの良い一品です。