toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-03-05

弥七田織部台鉢

口径19.5 高5.2 cm

「弥七田織部」は、江戸時代前期に現在の岐阜市可児市久々利大萱の窯跡で焼かれ、白地の上に鉄絵を用いて整った線文様や瀟洒な花文様が描かれ、緑色の銅緑釉を流し掛けにしたのが特徴です。台鉢を始め、向付や皿などの食器を多く焼成しました。本品は縁を輪花に作り、コンポートのような洋食器を意識したモダンな形をしています。見込には見どころとなる同心円が描かれ、水紋や、星の日周運動を撮影した様子にも見えますね。星空のふもとには緑釉の山が表れ、上空には流れ星が所どころに飛び交っているようです。受け手の見方次第では、大胆に発想できるコンテンポラリーアートのような自由さを持っています。平皿や台鉢として気軽に用いられるのも嬉しく、遊び心のある茶会や宴席に用いられると話題になること間違いありませんね。