toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-02-09

天啓赤絵四方平鉢

 

径19.3 高4.0 cm

天啓赤絵は、明時代末期の天啓年間に、中国の景徳鎮民窯で日本からの注文により焼成されました。古染付と同じ粗製白磁を用いて、落ち着いた色あいの染付に加え、赤・緑・黄・黒の彩色を施しています。花鳥文様や吉祥、古典の物語など身近なものを題材にして、皿や鉢、向付や徳利、花入まで幅広く制作されました。このような文様は、江戸時代を通じて日本に広く普及し、我々の先人の心に染みこむように受け継がれてきました。見込の地には赤絵の菱文様で埋め尽くされ、色とりどりの花がバランスよく描かれます。紅梅や蘭、椿などの春を代表する花々で賑やかな中にも染付の青色が高雅で落ち着いた気持ちにさせてくれますね。周辺の白地部分には、おめでたい吉祥文の松竹梅と柘榴の図が描かれています。