toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-02-09

紗綾形蒔絵雪吹

径7.3 高7.5 cm

全体が紗綾(さや・さあや)形で埋め尽くす様に描かれ、文様の細かい規則性や気の遠くなるような集中力が感じられ、面取部分には粉溜により金地が施されています。「雪吹(ふぶき)」とは茶器の形状の名称のひとつで、従来は「吹雪」のように表記されますが、吹雪の中では左右どちらに進んでいるのか分からなくなる、、転じて上下にひっくり返しても形状の見分けがつかないことから「雪吹」と漢字で書いて「ふぶき」と呼ばれる様になりました。この模様は、紗綾形や卍(まんじ)くずしとも呼ばれ、紗綾織と呼ばれる織物の地紋として使われました。また卍は、吉祥のある人や物の象徴として、おめでたい文様として喜ばれます。これだけたくさんの卍が描かれていれば相当おめでたいといっても過言ではありませんね。また底は碁笥底になっており、畳付きを除いて底部は、同様の紗綾形が描かれております。