toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-02-09

織部弾香合

径5.8 高4.3 cm

織部焼は桃山時代末期の17世紀初頭に美濃地方で焼かれた焼物の一つで、香合や茶碗、水指などの茶道具から食器類に至るまで膨大な量を生産しました。特に茶の湯においては千利休の高弟の古田織部が関わったといわれており、その織部好とも呼ばれる大胆な造形や自由奔放な絵付けが面白いことで知られています。本品は、緑釉の掛かった部分と白地には鉄絵で文様を描き、蓋には弾(はじき)と呼ばれる摘みが付けられます。手の上部には彫線模様が入り、控えめに付けられた梅鉢文様、網目が垣根を連想させふくよかな梅の香がするようです。遊び心のある造形に加え、稚拙でチャーミングな図柄など手元に置いておきたくなる愛らしい一品です。