toggle

ショーケース

ショーケース

#
2018-01-11

色絵薩摩盃

 

口径7.8 高3.8 cm

華やかな捻文が縦に入り、白地と交互に図柄が表され上品な雰囲気をしています。色絵薩摩は、江戸時代の後期頃から焼成され、白色の素地に金や赤、青、紫、緑などの色で上絵付を施しており、豪華でいて洗練された遊び心のある意匠をしています。本品は桜文、青海波、菊文様、紗綾形の図が表され捻文の曲線に合わせ、動きのある姿をしています。高台周辺には意匠化された花模様が高台を中心に花びらのようにも見え、控えめながらもアクセントになっていますね。国焼の盃として、乳白色の色合いが優しく、磁器とはまた違った柔らかさも本品の魅力です。献上手と呼ばれる色絵薩摩にも通じる丁寧な意匠は、しっかりとした伝統の文様を意識しながらもそこから発展させた華やかさをもつ独自の焼物として楽しみたいものですね。