toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2021-05-01

5月の茶花2

▼花
二人静(ふたりしずか)
都忘れ(みやこわすれ)
苧環(おだまき)
白糸草(しらいとそう)
縞葦(しまよし)

▼花入
籐組籠

「二人静」はセンリョウ科の多年草で同種の「一人静」に対し花穂が2本出ることから、静御前とその幽霊の舞姿に例えて名付けられました。「苧環」はその名の通り昔の糸を繰る道具に花の形が似ており、静御前との相性が良くその姿が偲ばれます。キンポウゲ科の多年草で古くから庭植えとして鑑賞されてきました。「都忘れ」の紫色と「二人静」の緑を合わせることで初夏らしい清々しさを表しました。「白糸草」は動きのあるものを用いて「縞葦」に添わせています。静御前に「都忘れ」、「白糸草」に「苧環」と平安貴族の雅やかで儚い様子を物語のように感じ取ることが出来ますね。